画家  ミランダ・アドリアナ

ミランダ アドリアナは、米国イリノイ州シカゴ出身の画家、デジタルアーティスト。彼女は、初めて作品を描いた5歳の時から、アーティストになると心に決めていました。

 

ジャン=ミシェル・バスキアの哲学理論とファッション理念にインスパイアされ、アドリアナは、親密さ・共鳴・親交を呼び起こす「意識の流れの対話」をテーマとした作品を製作するようになります。

 

アドリアナは、作品の中で、情勢や哲学的理論などのトピックを表現しています。彼女は、製作作品に、自身のトレードマークとして、プエルトリコ人女性としてのルーツを表すシンボルやイメージを残しています。

Chicago, IL, USA

©2021 by AM Art